2008年、すばらしい年でありますように。

大晦日の早朝です。
最後までバタバタした1年でした。
今年は徹夜でシメです。
つい今しがた年賀状を作り終えました。
・・
今年1年、いっぱいいっぱいお世話になりました。
皆さん本当に有り難うございました。


今年、
建築業界では、とても大きな変化が起こり始めました。
耐震偽装事件に端を発した一連の法改正や社会要請の変化です。
・・
僕たちの仕事は、変化していくでしょう。
だけど僕自身は変わっていけるのか?
多忙さに振り回されながらも、常にモヤモヤと悩みつづけた1年でした。
何を、どうやるべきか?
「不惑」という年齢で、もっとも多く悩んでしまったのかもしれません。
来年は、
この悩んだ分をなんとか挽回して、
次の「カタチ」をつくっていくぜ。
いくつかの現場が始まります。
悩んでいるヒマはありません。
と、さっそく燃えはじめているKATOUYUKIHIKOです。
悩みながらもバージョンアップです。
次のフェイズが始まりますよ。
・・
ということで、
皆様。
来年も何卒
よろしくお願いいたします。
そして
2008年。
すばらしい年でありますように。
・・・・・

追伸:
今回の年賀状は、進行中プロジェクトのコンセプトを自分なりに再確認するためのグラフィックを作ってみました。
写っているのは事務所の近所だけで拾い集めてきた落ち葉です。
その多くが在来の植生ではありません。
ガーデニングによる環境であって、いわゆる本来の「自然」ではない、
人間の普通の生活が外部植物を呼び寄せて生成した「人工環境」。
でも、もうひとつの「自然」ともいうべきカラフルな多様さがそこには感じられます。
この「よくある現実」を通して、本来「アウトドア」であった植物の世界が、日常の中で「インテリア」的な親密さで感じられる場面。–それを探っています。