この日のために、難しい曲をいっぱい書いちゃいました

20060408 L土曜日。

夕方、バタバタと仕事を切り上げ、久しぶりにライブを聴きに調布・仙川へ。

久米大作 special session featuring Akira Wada。

たまには息抜きでも..と気軽に出かけてみたわけです。

..ところが、どうよ?

もう興奮の連続!

大作さんはステージで笑いながら「この日のために、難しい曲をいっぱい書いちゃいました。」なんて言ってる。

これほどのメンバー達が、譜面とニラメッコしながら演奏しているんですよ。そりゃもうスゴすぎる曲のオンパレード。

プログレ・ハードフュージョンって言えばいいかな、もぉ凄すぎて耳がついていけないですよ。

たとえば、「チックコリアに捧げる曲(何とか…rain 曲名失念)」。

この凄まじい展開とテクニック、捧げられたチックさんも困っちゃうだろうね。

・・

バカテクの職人ミュージシャン達が、超高難易度の曲をスリリングに演奏してしまう姿は感動的だ。

第一級のプロの仕事を見せられた、っていう感じだな。

ふふ。火がついたね。

よっしゃ、俺もいっちょ難しいヤツを設計しちゃうゾ。

現場の職人達よ、ココロして待て!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です