荒々しく、生々しく、そして幻のように我々の頭の上に現れている

060412早朝から図面作業。

お昼前、途中描きのまま、パソコンの電源も落とさずに慌ただしく外出。今日もいくつかの打合せがある。

渋谷でひとつ打合せをすませ、午後、大田区池上へ。

ある住宅で検討中の木製サッシのサンプルをチェック。そして担当者にいろいろヒアリング。

続きを読む 荒々しく、生々しく、そして幻のように我々の頭の上に現れている

この日のために、難しい曲をいっぱい書いちゃいました

20060408 L土曜日。

夕方、バタバタと仕事を切り上げ、久しぶりにライブを聴きに調布・仙川へ。

久米大作 special session featuring Akira Wada。

続きを読む この日のために、難しい曲をいっぱい書いちゃいました

はるばる沖縄の離島から、突然の来客があるらしい

060322降り出しそうな空の下、新規プロジェクトの現場打合せ。 小さなプロジェクトだけれど、今回もワクワクする内容になりそうだ。

例によって、早足で帰り道を歩きながら、湧いてくるイメージを整理する。 「歩きながら考える」のが、最近の僕のスタイルだ。

続きを読む はるばる沖縄の離島から、突然の来客があるらしい

記憶と実感によって想起される自然環境のイメージ

060215Hとても暖かい日。

まるで、もう「春」が来ちゃったみたいだ。

品川と汐留をハシゴして、時代の異なる2人の北欧の作家の展覧会へ。

ここ数日の事務的な作業に追われた頭をリフレッシュすべく、「脳」への栄養補給が目的。

まずは品川から。

オラファー・エリアソン@原美術館。

光を題材に、誰もがいつか体験したことがあるかもしれない「自然現象」を「人工的」にシミュレーションした作品。

自然の「一瞬の現象」のようなものが、作家の手によって、ぐーっと引きのばされて、ここ(=美術館)に存在させられている。

「体験したことがあるかもしれない」というところが、非常におもしろい。

とくに、「美」、「単色の部屋と風が吹くコーナー」と名付けられた2つの作品は秀逸。

その作品は一見、とても人為的なしつらえで鑑賞者を迎える。対して、鑑賞者はその機械仕掛け的な作品を見る(感じる)うちにだんだんと奇妙な気分に陥りだし、いつの間にか「どこかで見た自然現象」の記憶を強烈に想起しはじめる・・

上手く言えないけど、そんな感じだ。

最近千駄ヶ谷で工事がスタートしたばかりの集合住宅。そのことをふと思い出す。

僕はその中庭で、

「記憶と実感によって想起される自然環境のイメージ」

を提案しようとしている。

今、そのデザインのまとめ作業の最中だ。

どうしたらこの目の前の作品のような「不思議」な感じが創造できるんだろうか。

さっきから書いている

「体験したことがあるかもしれない情景」

がこの作品の重要なキーなのかな。

(決して「体験したことがある情景」ではない。)

とても参考になるな。面白いね。

「体験したかもしれない」って、たとえば「夢」あるいは「デジャヴ」だね。

「夢」「デジャヴ」ってのは無意識下でのシミュレーションだ。

そして「作品」ってのは「世界というもの」の人為的なシミュレーションだ。

・・ってことは、

これは「シミュレーションのシミュレーション」だ。

しかも、この美術館に満たされている環境状態は、「自然現象」を強烈に想起させる。

なるほど、なるほど。

・・それにしても、平日の昼間なのにこの展覧会は大盛況。けっこう人が多い。

美学生風の若いひとがたくさんデートに来ていて、「すげー」とか「ぅわー、きゃー」とかなり感動しまくっている。そんな様子もなかなかいいね。

僕はひとりで来ている「いいオトナ」であるが、じつは心の中では「すげー」とか「ぅわー、きゃー」な状態だ。

・・・

さて、場所を移して、汐留。

「汐留」。実際の今日の僕のアクセス地点名としては「新橋」。

両者の距離は歩いてもスグ。

まちの名前は重要だなあ。「汐留」VS「新橋」。どっちがいいとか悪いとかではなく、重要。

で、汐留での展覧会は、

スウェーデンのモダニズム建築家、

グンナール・アスプルンド。

「癒しのランドスケープ」という展覧会。

・・たしかに癒されました。

「森の墓地」という、世界遺産にも登録されたその広大な作品はとても素晴らしい。

「余白」がいいね。「空間の余白」。

土地の起伏をいかしながら、森の樹木の密度をコントロールして、さりげないデザインの建物やオブジェをそっと配置している。

その様々な事象の関係性の中に、とっても感じのいい「余白」がたくさん残され、または、つくられている。

いいねぇ。

無意識のレベルにおいて、「空間の快適さ」は床の材質感に最も左右されるのである

060123大安。

身がグっとひきしまる寒い日。

午前中は千駄ヶ谷にて集合住宅着工の安全祈願祭。

暖房のない神社の本殿に、手を清め「素足」であがる。

一同、身を固くしながら、神官様の祝詞に頭(こうべ)をたれる。

水楢、欅などがふんだんに使われた社殿の造作(ぞうさく)。

見たことがないほどの「ホンモノ感」。

日常流通していないような大版のムク材料をピタっと納め、反りや割れなどは当然見せない。

凄まじい宮大工の技術である。

(そして、神社の「凄まじい財力」)

式次第後、思わず見とれる工事関係者一同。

社殿の中はふるえるほどの寒さだが、厚い床板に接した足底はそれほど冷たくはない。そして、むしろ心地よい。

足の裏というのはとても敏感な器官である。

熱さや冷たさを感じ取ることはもちろん、床の「厚さ」や「材質」を繊細に感じ取ることができるのである。

じつは、

目を閉じていても、足の裏の感覚によって「床のホンモノ感」は感知されてしまうということなのだ。

これは僕の持論であるが、

無意識のレベルにおいて、「空間の快適さ」は床の材質感に最も左右されるのである。

変化しつづける時代です。大事なのは「想像力」と「編集力」です。

2006S謹賀新年。

すっかり21世紀も通常飛行に入った感じです。

変化しつづける時代です。

大事なのは「想像力」と「編集力」です。

・・・

過去未来にある、いろんな価値観やテクノロジーを巧みに編集しながら「新しいハピネス」を創造すること・・KATOUYUKIHIKO:一級建築士事務所エスは、そんな「あたらしいデザイン」を目指してつっ走ります。

本年も、その先もどうぞよろしくお願いいたします。