コンパクトな2階リビングの建物。耐震性能。


激しい雨が降ったり、急に晴れ間が出たり。
奇妙な天候の中、お住まい中のお宅を1日掛けて何件か巡回してきました。
育てた我が子(作品)たちに、久しぶりに会いにいく..そんな感じです。
元気にしてたかな。


 
・・
冒頭写真は、昨秋に完成した「House Huckleberry Finn」。公園の緑を借景した、大きな開口部をもつ、コンパクトな住まいです。
2階リビングのロフトの上から、リビングと公園を見下ろしてみました。
(本撮影は準備中。暫定公開版は、http://www.houseco.jp/work/detail/11186/127038 にて。)
気持ちがいいですね。
小さな住宅であるほど、2階リビングは、じつに効果的な解法であると実感します。
House Huckleberry Finnは、1階に個室やお風呂、収納室などを集めて、2階はすべてオープンなワンルームのリビングとしています。
そして、屋根を支える「梁」のレベルを低めに設定して、その梁上にロフト空間をつくっています。
あえて「梁」を低くしたことには、いくつかの理由があります。
材料の規格サイズを考慮して、コスト配分をコントロールするため。
梁の上に広がる「屋根に包まれる空間」を広く感じさせるため。
さらに、ロフトが低めの高さにあることで、ロフトで過ごす人とその下のリビングで過ごす人の距離が近くなり、親密でコミュニケーション性の高い空間とすることができます。
・・
「地震、大丈夫でしたか?」
住み始めて半年ほど経ったお施主さんに、先日の地震の件をヒアリング。
既にメールでは状況を伺っていたものの、本心は正直不安だったのです。
十分な強度に設計しているものの、やはり「あの地震」を思い出すと心配でした。
「全然、大丈夫でしたよ!」
3.11では、ガッチリと地震に堪え、何の被害もなかったようです。
その後の余震にも、部屋の中が大きく揺れるような感覚はなく、安心して過ごされているそうです。
ほっと、ひと安心です。
・・
僕が設計するコンパクト住宅において、2階リビングを選択するポイントのひとつは「耐震性能」です。
耐震性能は、どのように決まるか。
木造住宅の耐震性能は、「壁の配置」によって決まります。
それを「耐震壁」と言います。
単純に言えば、耐震壁が沢山あるほど、地震に強い。
つまり、壁(耐震壁)で仕切られた部屋が沢山あるほど、地震に強い。
また、2階建て住宅の場合、
2階よりも1階の方が地震の揺れを大きく受けます。
1階が「家の重量」を支えているからです。
よって、1階には耐震壁をしっかり配置すべきなのは、自明かと思います。
逆に、2階は、比較的に壁は少なめで良い。
上記の論理からいえば、小規模の住宅では、
1階に個室などをつくって、2階は比較的大きなワンルームをつくるのが合理的だと考えられます。
少し大きめの家であれば、「1階リビング」であっても、リビング以外にも適度な大きさの部屋をいくつか配置できるので、耐震上まったく問題なしです。
コンパクト住宅と、通常サイズの住宅、考え方の方針が少し違うのです。
コンパクトな建物においては、
できるだけ無駄のないプランニングが必要であり、最小コストで最大の効果を得ることが求められます。
そこで僕がよく採用する方法が、
「2階のワンルームリビング」+「ロフト」の空間なのです。
2階に個室を設けず、できるだけ広いワンルームリビングとして、プラスαのスペースとしてのロフトを設定。
通常、屋根を支えるための隠れてしまう「梁」を、この広い空間のド真ん中に現して、そこにロフトを乗せ、ダイナミックでリズム感のあるデザインをします。
そして天井は、屋根の勾配に従って最大限の高さをとり、この空間を大きく包みます。
天井の高さは、高いところで4mくらいに。
出来上がった空間は、数字の上での面積からは想像できないほど、広がりのある豊かな空間になるのです。
とても気持ちのいい空間に仕上がると思います。
・・
久しぶりに会った「育てた我が子(作品)」が、元気にしてくれているのは、本当に嬉しい。
これからも、ここに住む家族を力強く守ってくださいね!
・・
さて、文末にもうひとつ写真をアップしておきましょう。
完成して、ちょうど1年たった「House aeroccino」。
こちらも、地震の被害は「なし」でした。
ほっとひと安心。
House aeroccinoも、「2階リビング」のコンパクト住宅。
さらに「2階玄関」を採用。
アイディア全開の、楽しい家です。
そしてちょうど昨年、お子さんが生まれました。
「House aeroccino」と、この家の長男君は、同い年なのです。
彼は人生を、この家と共に歩んでいくことになりました。
力強く、生きていってください。
さっそく買ってもらった「鯉のぼり」が、
リビングにセッティングしてありました。
鯉のぼりを室内に飾れるなんて、
高い天井の「2階リビング」ならでは!!